上野公園 医薬祖神 五條天神社

御祭神

大己貴命(大国主命)

おおなむじのみこと(おおくにぬしのみこと)

少彦名命

すくなひこなのみこと

相殿 菅原道真公

すがわらみちざね

御縁起

第十二代景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の為、上野忍が岡をお通りになられた時、薬祖神(上記の二柱)の大神に御加護を頂いた事を感謝なされて、この地に両神をおまつりなされました(約1890年前)。

尭恵法師の北国紀行より・・・

正月の末 武蔵野のさかい忍ヶ岡を優遊しはべり鎮座の社五條天神と申しはべり、折ふし枯れたる茅原を焼きはべり

契りをきて誰かは春の初草に 忍ヶ岡の露の下萌え

云々とあり、この正月は文明十八年(約五百年前)ですので、相当の古社であることがわかります。

相殿におまつりしてあります菅原道真公は、寛永十八年(約三百五十年前)に合祀され、歌の道の祖神として俗称下谷天満宮とも云われました。

社地は御創祀以来、天神山(今の摺鉢山)瀬川屋敷(アメヤ横丁入口)他、幾度か変遷を重ね、昭和三年九月に御創祀の地に最も近い現地(花園稲荷神社隣り)に御遷座になりました。

尚、日本橋本町にある薬事協会ビルの屋上には、薬祖神社として御分霊をおまつりし、毎年十月十七日に薬業関係者により盛大なお祭りが行われています。

上野公園 花園稲荷神社(忍岡稲荷)

御祭神

倉稲魂命 (うがのみたまのみこと)

又の御名は豊受姫命(とようけひめのみこと)ともいう

須佐之男命の御子・伊勢の外宮の大神

幸魂(さきみたま)は、屋船神(やぶねのかみ)と申し家屋の守り神

御縁起

御創祀の年月は不祥ですが、古くからこの地に鎮座し、忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)が正しい名称ですが、石窟の上にあった事から俗称、穴稲荷とも云われていました。

承応三年(約340年程前)、天海大僧正の弟子、本覺院の住僧、晃海僧正が、霊夢に感じ(家光の命とも言われている)廃絶していたお社を再建し上野の山の守護神としました。

幕末、彰義隊の戦では最後の激戦地(穴稲荷門の戦)として知られています。

後、明治六年に岩堀数馬、伊藤伊兵衛等の篤志家によって再興され、花園稲荷と改名、五條天神社が現地に御遷座になるに及び、社殿も南面して造営され神苑も一新されました。(旧社殿は俗称お穴様の処です)

お穴様の左奥にありますお社は、古書に弥佐衛門狐と記され、寛永寺が出来る時忍岡の狐が住む処が無くなるのを憐み、一洞を造り社を祀ったと云われます。

社地は約二千坪(約6600㎡)ありましたが、明治の上地の為、現在は五條天神社と併せて約一千坪になりました。

   
医 薬 祖 神

五 條 天 神 社

五條天神社について

                     上 野 公 園

         花 園 稲 荷 神 社


花園稲荷神社縁起