上野公園 花園稲荷神社(忍岡稲荷) - 御縁起


花園稲荷神社

花園稲荷神社
はな ぞの いなり じん じゃ

御祭神

倉稲魂命 (うがのみたまのみこと)
又の御名は豊受姫命(とようけひめのみこと)ともいう
須佐之男命の御子・伊勢の外宮の大神
幸魂(さきみたま)は、屋船神(やぶねのかみ)と申し家屋の守り神

御縁起

お穴様

お穴様

御創祀の年月は不祥ですが、古くからこの地に鎮座し、忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)が正しい名称ですが、石窟の上にあった事から俗称、穴稲荷とも云われていました。

承応三年(約340年程前)、天海大僧正の弟子、本覺院の住僧、晃海僧正が、霊夢に感じ(家光の命とも言われている)廃絶していたお社を再建し上野の山の守護神としました。

幕末、彰義隊の戦では最後の激戦地(穴稲荷門の戦)として知られています。

後、明治六年岩堀数馬伊藤伊兵衛等の篤志家によって再興され、花園稲荷と改名、五條天神社が現地に御遷座になるに及び、社殿も南面して造営され神苑も一新されました。(旧社殿は俗称お穴様の処です)

お穴様の左奥にありますお社は、古書に弥佐衛門狐と記され、寛永寺が出来る時忍岡の狐が住む処が無くなるのを憐み、一洞を造り社を祀ったと云われます。

社地は約二千坪(約6600㎡)ありましたが、明治の上地の為、現在は五條天神社と併せて約一千坪になりました。

 
上野公園の中にある医薬祖神。御祭神は大己貴命(大国主命)と少彦名命。相殿に菅原道真公。氏神神社。病気平癒・健康祈願、合格祈願など。2月節分に行われる「うけらの神事」(追儺式)が有名。境内には赤い鳥居が立ち並ぶ姿で有名な花園稲荷神社(忍岡稲荷)(倉稲魂命)もある。
上野公園,医薬祖神,五條天神社,大己貴命,大国主命,おおなむじのみこと,おおくにぬしのみこと,少彦名命,すくなひこなのみこと,菅原道真,うけらの神事,花園稲荷神社,忍岡稲荷,倉稲魂命,うがのみたまのみこと,豊受姫命,上野公園,医薬祖神,五條天神社,大己貴命,大国主命,おおなむじのみこと,おおくにぬしのみこと,少彦名命,すくなひこなのみこと,菅原道真,うけらの神事,花園稲荷神社,忍岡稲荷,倉稲魂命,うがのみたまのみこと,豊受姫命
Copyright (C) 2006-2010 五條天神社
お問い合わせは神社社務所まで
当サイトの文章・画像の無断転載を禁じます